クイズ作りのために

前にも書いた気がするが、もう一度リマインダーとして書いておく。Pythonでフランス語の単語クイズアプリ搭載サイトを作成したい。

そのために….





Phase 1: コーパス作成
フランス語の有名ニュースサイトを集め、サイトの<a href>部分を辿ってニュース記事本文のスクレイピング。その際、経済、政治、エンターテインメント、科学、ITなど各カテゴリー毎に分けてテキストファイルを作る。

– Pythonでのスクレイピングの知識とハイパーリンクを辿るパターンのアルゴリズム作成にもう少し調査が必要

 

Phase 2: コーパス解析
作成したコーパスから、stopwordsや固有名詞を除く単語で頻出単語を300語抽出してリストを作成する。各カテゴリー毎に作成し各リストの単語の類似性や結びつきを探る。各300単語がどんな文脈で、どんな単語と一緒に使われているかを確認して、例文も作成。

– NLTKを使っての解析と単語抽出。これはもうだいたいできそう。

 

Phase 3: クイズ①作成
各リストを読み込んで、受けたい単語クイズ数を選択し、英語からフランス語にタイピングして答えるクイズ作成。これは自分用。

– これについては作成完了。

 

Phase 4: クイズ② distractor 作成
クイズ②は大衆受けするように作りたい。各単語に”似た”単語をdistractorとしたリストを作成。各正解単語とdistractor単語を自動で選び4択で表示させるようにする。

– distractorの出現パターンを決めるアルゴリズム作成。これは一から勉強が必要。

 

Phase 5: クイズ③ 4択クイズ作成
distractor を含める4択クイズを英語=>フランス語作成。まずはターミナル上で起動できるようにする。

 

Phase 6: サイト作成 1
まずはクイズ①を載せる。bootstrapでモバイルでも使えるようにして、データベースにアップした単語を読み込みUI上で質問に答えてタイピングできるようにする。

– UI上でクイズ①を受けられるようにするだけの最低限のデザイン

 

Phrase 7: サイト作成 2
同じページもしくは別ページを作成し、クイズ②を搭載する。

– 4択作成のときのUI作成方法と調査が必要。
これくらいか。



(Visited 102 times, 1 visits today)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA