桜短歌 三

sakura

桜の日に短歌を詠んだ。短歌 三


旧友からのある報告で晴れ晴れとした嬉しさと少々の晴れ晴れとはまた違う感慨深さを感じている時の心情を表した一句。

ふるきとも
あひておもはむ
あけぼのの
ゆきちるやうに
さくらふりけり

(Visited 5 times, 1 visits today)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA