「は」と「が」の違い

1●強調の『は』=「それでも私はやっていない」「まさがあいつがやるとは・・」

2●対照・対比の『は』 =「私は背が低い。でも彼は背が高い。」


3●述語の品詞による違い
「私授業に行きます←何をする?」 =主題の設定
VS
「私授業に行きます←誰が授業に行く?」 =主語の設定

●発見のニュアンス「が」 =「あいつが殺したんだ!」
/一般的な性質「は」 =「日本人は米をよく食べる」

●形容詞・状態動詞を用いた『〜は〜が』構文
=「アラバマは空が青い」

●文の話題の中心となる事柄をとりたてて示す
「題目・主題・話題・提題/テーマ」の『は』

=「昨日のテストは、みんなできなかった」

●「既知(すでに知っている)・旧情報」は「は」/
「未知(まだ知らない)・新情報」は「が」
物語の導入など。
=「モービルにゲンという日本人が数年前いました。彼は・・・。」
「誰が一位だった?」

今更これをあげてみる。およそこれだけ。
「は」は主題の性質をあげ、「が」は主語を明確にする。
面接で日本語の話したいけど、最初ではできないだろな。