Lytro Light Field Camera

カメラ歴史について、ライトフィールド写真、Lytroのカメラについてのレクチャー動画。

写真を撮るときに3次元+の情報を画像に取り込むことができる夢のようなカメラ、それが Light Field Camera で、Lytro のバターの入れ物みたいなカメラ。その空間全ての情報が撮られているので、撮った後でもRefocus が可能。(普通のフィルムカメラ、デジカメは2次元のデータを撮る)

Lytro, Inc 

フォトブック

フォトブック

先日、ホワイトデーの贈り物としてフォトブックを作ってみました。
キャノンのPhoto Presso から。タイトルは隠してます。

約40ページで一冊印刷に1700円ほど。紙の質も良く、写真のサイズさえ十分であれば画質はもちろん綺麗に印刷される。記念の贈り物にオススメ。

EF-S55-250mm F4-5.6 IS STM 購入

レンズ
小型で軽量、高速AFの望遠レンズ (EF-S55-250mm F4-5.6 IS STM) 買いました。アマゾンで36600円。安い!ズームはこんな感じ ↓↓

テスト1

テスト2
ちなみに、レンズの名称が暗号みたいでよくわからないので、勉強してみました。(参照: EFレンズの基礎知識)
このレンズ「EF-S55-250mm F4-5.6 IS STM」ようするに、「キヤノンのEOS シリーズ 向けAF 交換レンズで、焦点距離が 55-250mm だけあって (数値が大きくなるほど遠くの被写体を大きく撮れる)、絞り値が4-5.6 だけあり (小さいほど薄暗い場所での撮影に強い)、手ぶれ補正搭載で暗い場所でも手持ち撮影で撮れて、オートフォーカス早いっす。動画撮るのにもいいっす」って感じです。とりあえず長い。間違ってたら教えてください、先生。

のんびり散歩してます。

蕾

目黒通り
これからこのレンズ多用でまいります。